Blog&column
ブログ・コラム

スケルトン工事とは?原状回復との違いも解説

query_builder 2022/05/05
コラム
physalis-alkekengi-chinese-lantern-lampionblume-flower
テナント物件を退去するときには、契約時に決められている方法で物件を返却する必要があります。
原状回復」や「スケルトン工事」など聞いたことがあるのではないでしょうか。
今回は、スケルトン工事・原状回復がどんな状態をさすのか解説します。

スケルトン工事とは
スケルトン工事は、物件が骨組みだけの状態にすることです。
骨組みだけだということから、スケルトン工事と呼ばれています。
内装だけでなく、エアコンや電気配線、排気ダクトなどの設備も取り外します。
スケルトン工事、スケルトン仕上げと呼ばれることもあります。

原状回復とは
原状回復とは、借りたときの状態にして物件を返却することです。
物件を借りた時にスケルトン状態だった場合は、スケルトン状態にして返却します。
飲食店などの店舗を借りる時には一般的にスケルトンの状態で借りることがほとんどなので、スケルトン工事=原状回復工事となります。
オフィスなどの物件を借りる時には床や壁、天井がすでにオフィス仕様となっている場合が多いです。
そのため借りた時の状態である、オフィス仕様の状態に戻すことが原状回復工事となります。

▼まとめ
スケルトン工事は構造の枠組み以外すべて解体すること、原状回復とは借りたときの状態にして返すことです。
この2つは似ているようで違う工事になることもあるので、退去の際は契約をしっかりと確認することが大切です。
株式会社プレイワンは、内装解体のスペシャリストとしてお客様のご要望に柔軟にお応えしています。解体の際はぜひご相談ください。

NEW

  • 西戸部町 戸建て解体

    query_builder 2021/03/21
  • 浅草雷門内装解体工事

    query_builder 2021/02/26
  • テナント工事のA工事・B工事・C工事の違いとは?

    query_builder 2022/04/03
  • 床をリフォームするタイミングや方法は?

    query_builder 2022/03/01

CATEGORY

ARCHIVE