Blog&column
ブログ・コラム

リノベーションで古民を住み心地良くするために

query_builder 2022/01/01
コラム
architecture-building-home-house
田舎暮らしやスローライフが注目されている今日この頃、古民をリノベーションして暮らす人も増えています。
古民をリノベーションするには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

▼古民の魅力
古民は、都会には無いような自然環境の中で、のびのびと暮らせるという魅力があります。
また、歴史と古き良き日本を感じさせてくれるようなのどかなの外観と部屋の雰囲気は、今ではおしゃれなものとしても人気があります。
また、最近は自治体で古民を安く提供しているところや、補助金を出してくれるところもあります。
更に、古い建物であることから固定資産税が安かったりと、節約できるのも魅力のひとつです。

▼古民をリノベーションする時の注意点
上手にリノベーションすれば、とても快適に暮らすことができる古民ですが、いくつかの注意点もあります。
まず、その古い外観が魅力のひとつでもある古民ですが、建築基準法に適した建物ではないため、耐震性を補強する必要があります。
また、今のように性能の良い断熱材も無かったので、冬の寒さをしのぐために、断熱性を高める工事をしなければなりません。
窓を機密性の高いサッシに変えたりと、昔ならではの作りであるがゆえに、手を加える部分も多く、その分コストがアップしてしまうことを忘れないようにしましょう。

▼まとめ
古民は自然の中にたたずむ魅力的な建物なので、リノベーションをして暮らす人も増えています。
建物の価格や税金は抑えられますが、補強工事や設備にコストがかかるという点に注意が必要です。

NEW

  • 浅草雷門内装解体工事

    query_builder 2021/02/26
  • 西戸部町 戸建て解体

    query_builder 2021/03/21
  • 解体工事をするときの残置物撤去や、廃材処理の方法は?

    query_builder 2022/08/02
  • 産業廃棄物収集運搬業とは?

    query_builder 2022/07/01
  • スケルトン工事、解体の際に注意すべき3つのポイント

    query_builder 2022/06/03

CATEGORY

ARCHIVE