Blog&column
ブログ・コラム

解体工事の注意点

query_builder 2021/08/08
コラム
home-demolition-work-excavators
解体工事全体から、注意点が複数存在します。
工事ごとに注意点も多々あり、実際に進めなければわからないのは確かです。
しかし、トラブルに発展する前に、事前対策での予防も欠かせません。
トラブルが起きたときには、責任の所在なども出るため、解体を依頼するなら押さえておきたいポイントを解説します。

▼周辺トラブルの防止と届出
解体工事は周辺トラブルになりやすい性格を持っています。
ほこりや音の問題が、周辺の住宅の生活に影響を与えるからです。
事前に工事の内容を伝えておくなど、予防措置が欠かせません。

解体工事をする場合に、届出なども必要となります。
許可申請が必要なものなどをも出てくるため、事前に細かな打ち合わせを繰り返すことが大切です。
打ち合わせの結果、抜け落ちた部分がないか確認もします。

▼マニフェストと責任の所在
解体工事をすると必ず廃棄物が出てきます。
この廃棄物処理も注意しなければいけないポイントです。
業者に依頼し処分した場合には、解体業者が産業廃棄物管理票であるマニフェストを発行しなければいけないとしています。
マニフェストがないと、不法投棄で罪に問われる可能性が出るため、確認が必要です。

問題が発生したとき、誰が責任をとるのか、所在もはっきりさせなければいけません。
契約書にも記載しますが、解体業者の不手際で損害が発生したときは責任を取ってもらいます。
そのためには、業者が保険に加入しているのが重要になるため、加入状況の事前確認も必要です。

▼まとめ
解体工事を依頼するときには、余計な心配をせず完了してもらうために、お互い信頼関係の構築が欠かせません。
そのためには、トラブルにならない状況と、何かあったときの確認が必要です。
現場ごとに出てくる注意点なども加味しつつ、確実に工事が進むように準備を重ねていきましょう。

NEW

  • 浅草雷門内装解体工事

    query_builder 2021/02/26
  • 西戸部町 戸建て解体

    query_builder 2021/03/21
  • リノベーションに合った中古戸建とは

    query_builder 2021/11/15
  • リノベーション物件を検討している方へ

    query_builder 2021/11/01
  • リノベーションマンションとは

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE