Blog&column
ブログ・コラム

リフォーム会社で大切な協力会社の存在

query_builder 2021/07/01
コラム
hands-architecture-city-construction
リフォームする業者を見つけるときには、どの程度の規模なのかが大きな注目点になります。
マンパワーがリフォームでは重要な役割をはたすからですが、協力会社を含めた規模も考慮しておくと、優れたパートナーを見つけられる確率が高まるのです。
そんな協力会社の存在を説明していきたいと思います。

▼施工業者と協力会社の関係
リフォームの施工業者と協力会社の関係は、非常に重要です。
一般的なリフォームなどの建設会社の場合、自社施工も行いますが、全ての職人を自社で抱えているわけではありません。
実際にそこまで抱えるのは不可能です。

建設業界の場合、一人親方と呼ばれる人たちがいます。
ほかの業界ではあまりない仕組みですが、個人事業主として独立した職人がいるのです。
自分の腕を頼りにしている人たちで、大きな組織ではありません。
建設会社などと契約し、仕事をしているのです。

こうした職人を協力会社として関係を結び、建設会社では自社の仕事をしてもらいます。
自社専属外注である内外注と呼ばれる仕組みまであり、さまざまな形で協力関係を築いているのです。
そのため、ほかの業界で外注と呼ばれている仕組みとは、関係性にも違いが出ます。

▼対応力の高さにつながる
リフォーム業者で多くの協力会社を抱えているところは、それだけ多くの引き出しを持っているのと同じです。
人の力が、リフォーム工事には重要になるからです。

リフォームはさまざまな条件の中で仕事をします。
同じ条件下での仕事はほとんどないといっても過言ではありません。
要求も変わってきますし、時代によってつかわれる部材にもトレンドがあるからです。
その変化の中で、高い品質を提供するので、できるだけ多くの引き出しがいります。
高い経験も有している必要があるため、協力会社が多いリフォーム会社ほど、高いレベルの施工してくれる可能性が高まります。

▼まとめ
協力会社の数は、簡単に判断できるわけではありません。
すぐに見えてくるわけではないからです。
ですが、これまでの実勢を見ていくだけでも、リフォーム会社としての規模がわかります。
ほかと会社と比較すると、できる仕事の幅もわかり、引き出しの数が協力会社の関係につながるのです。
リフォーム会社にとって、それほど大事な要件となるため、探すときの手がかりにしてみてはいかがでしょうか。

NEW

  • 西戸部町 戸建て解体

    query_builder 2021/03/21
  • 浅草雷門内装解体工事

    query_builder 2021/02/26
  • リノベーションに合った中古戸建とは

    query_builder 2021/11/15
  • リノベーション物件を検討している方へ

    query_builder 2021/11/01
  • リノベーションマンションとは

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE