Blog&column
ブログ・コラム

新装開店へ向けての内装工事の発注

query_builder 2021/05/08
コラム
bar-caffe-coffee-shop-people
新装開店に向けてこれまでの内装を撤去し、事業内容にマッチしたものに変えていく必要が出てきます。
居抜きで手に入れた物件では、そのまま使う方法もありますが、目的と合わないなら相当な内装工事が必要です。
企業にとっても内装の変更は、事業を円滑に進めるために重要な意味を持ちます。
大規模で資金投入もするため、失敗しないためにも業者に依頼するときの2種類の方法を理解しておきましょう。

▼一括で依頼して手間を減らす
新装開店する場合に、内装の業者に依頼して工事をする場合が出てきますが、発注方法は二つあります。

一番簡単な方法が、一括で依頼する方法です。
デザインも内装も解体もすべて一緒に依頼し、必要な業者を手配してもらいます。
一社が担当するので、発注者としての手間はほとんどありません。
窓口の会社がすべて手配するので、認識のズレが少なくなる方法です。
その反面、担当した会社がしっかりしていないと、新装開店の内装も根管から崩れるかもしれません。
信頼できるところを見つけるのがポイントです。

▼個々のスペシャリストに依頼する
すべて別々に依頼し、発注する方法もあります。
古い内装の撤去から始まり、内装のデザインに関する部分と設備工事を専門業者に別々に依頼するのです。
自分たちで業者を探さなければならず、管理も必要になり、手間も膨大にかかります。
単純に工事ができるだけではなく、それぞれのスペシャリストを見つけなければいけないからです。
さまざまな業者とコンタクトを取りますが、合見積もりで交渉できるため、思っている以上に安上がりになるケースも出てきます。

ただし、どんな業者に依頼したらいいのか知識がいります。
それぞれの業者と認識のズレも出てくる可能性が考慮しなければいけません。
調整もすべて自分たちで行うため、経験があるかどうかも大切です。

▼まとめ
新装開店に向けて、理想的な内装を作るのは基本中の基本です。
発注方法によっても流れが変わるため、自分たちのコネクションも活用し、どちらの方法が良いか検討してみるといいでしょう。
窓口になる会社に集中させるだけが、理想の状態を作る方法ではないからです。

NEW

  • 西戸部町 戸建て解体

    query_builder 2021/03/21
  • 浅草雷門内装解体工事

    query_builder 2021/02/26
  • リノベーションに合った中古戸建とは

    query_builder 2021/11/15
  • リノベーション物件を検討している方へ

    query_builder 2021/11/01
  • リノベーションマンションとは

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE