Blog&column
ブログ・コラム

依頼するなら覚えておくべき解体工事の手順

query_builder 2021/03/25
コラム
abort-house-demolition-demolition-renovation-dilapidated-building
解体工事を依頼する場合には、手順を理解しておくとトラブルなども防げます。
工事を依頼する側としては、そんなに多くの経験がある人はいません。
解体工事もそうそう依頼するものではないからです。
それでも、自宅を改築するときなどは依頼することが出てくるため、手順を見ていきましょう。

▼現場調査から契約までの手順
解体工事は、現場調査から始まります。
どのような方法が適しているのか、重機の種類や搬入方法、作業人数などを検討する工程です。
状況が判断できてから、見積もりの作成に入ります。
ここで問題がなければ、解体工事業者と契約を結ぶことになります。

▼実際の工事から終了まで
解体工事を始めるためには、必要書類を揃え、届出しなければいけません。
周辺住宅に挨拶をして、解体工事に危険な電気など配線を撤去します。
手順として、ここから設備を撤去する段階へと入り、足場を構築し、秀恵編の養生をします。
できあがったら、構造躯体の解体に入るのです。

内装を解体したら、建物の上部構造から順番に解体します。
ホコリが舞うため、水をまきながら作業が鉄則です。
解体した部材は、分別し搬出します。
最後に土間・基礎解体し、地中にある障害物を確認して解体は完了です。
後はきれいに整地し清掃したら、足場や柵を解体し解体工事自体が終了します。

▼まとめ
解体工事の手順は、そこまで難しいものではありません。
しかし、発注する側としては、手順を理解し、どの工程でトラブルが起きやすいか、注意しておく必要があるのです。
周辺の住民の皆さんに説明し、解体工事を容認してもらうために、工事内容を理解しておきましょう。

NEW

  • 西戸部町 戸建て解体

    query_builder 2021/03/21
  • 浅草雷門内装解体工事

    query_builder 2021/02/26
  • 規模もいろいろある壁の内装リフォーム

    query_builder 2021/04/21

CATEGORY

ARCHIVE