Blog&column
ブログ・コラム

解体工事には規模によって届出が必要

query_builder 2021/03/13
コラム
broken-demolished-demolition-abandoned
解体工事は、さまざまな決まりごとがあり、誰でも好きにしていいものではありません。
自治体によっても決まり事があり、ある程度の規模を超えると、届出も必要となります。
後々トラブルになってしまわないように、どのような手続きが必要なのかを解説していきます。

▼解体工事の届出
解体工事を行う場合、届出を出さなければいけません。
しかし、これは解体業者が出すものではなく、依頼主が出さなければいけないとされているのです。
これを間違うと大きな問題になります。

解体工事では延べ床面積の合計が80平方メートル以上の場合に、届出は依頼主の義務です。
各自治体の窓口へ届出書を提出しなければならず、怠った場合には、行政指導を受け、改善が見られない時には、最大20万円の罰金が課せられます。

▼委任する方法もある
一般的になにを届出すればいいか、判断できるわけではありません。
経験があれば分かりますが、ほとんどの人は初めてだからです。
を建てるのと同様に、解体工事も一生のうちに何度もあるわけではありません。

そこで、知識を持っている解体業者に届出を依頼する方法があります。
解体業者に対し委任状を作り、一任するのです。
この方法を取れば、解体業者が依頼主に変わり届出してくれるため、安心して施工を任せられます。

▼まとめ
工事に関する書類は、慣れていないと分からないことも多々出てきます。
委任状を作成し一任すると、スムーズに工事を進められるため、解体工事の時には忘れないようにしましょう。
実際には解体工事の営業担当者が話をしてくれますので、手続きがあることだけ覚えておけば問題ありません。

NEW

  • 西戸部町 戸建て解体

    query_builder 2021/03/21
  • 浅草雷門内装解体工事

    query_builder 2021/02/26
  • 規模もいろいろある壁の内装リフォーム

    query_builder 2021/04/21

CATEGORY

ARCHIVE